ラミシールで水虫を滅する!

水虫の原因である菌の正体は白癬菌(はくせんきん)と言い、この菌が増殖して人に悪さをします。また人だけではなく犬や猫などペットも感染するので注意が必要です。そんな水虫を治すお薬を紹介していきます。

ラミシールの写真

ラミシールのクリームor液体の効果の違いはある?

ラミシールはテルビナフィン塩酸塩を成分にした抗真菌薬のひとつで、主に水虫の治療に使用されます。抗真菌薬の中では市販品に最も良く利用されているアリルアミン系に分類され、真菌の細胞膜内の代謝酵素を選択的に阻害することで、細胞膜を破壊して殺菌的な作用を示します。成分が浸透しやすく残りやすい性質を持っていることから1日1回の使用で良く、刺激が少なく塗り忘れがないのが特徴です。ラミシールは第二類医薬品に指定されているので、医師の処方箋などは必要なく、近くの薬局やドラッグストアなどでも購入することができます。抗真菌薬の中では外用薬のみで構成され、クリームや液体といった塗り薬で販売されているのですが、購入時に横に並んでいることが多く、どちらを購入したら良いか迷う人も少なくありません。クリームは油性の基材が使用され、非常に伸びが良く、塗ってからも取れにくくなっています。基本的に指で塗って伸ばすので、好きな部分に好きなだけ塗れるのですが、成分が皮膚に浸透するのは比較的緩やかで徐々に効果を発揮するようになります。指の間にできるジュクジュクした湿潤趾間型や足の側面にもできる小水疱型に有効で、刺激が少ないので痛みを伴うこともほとんどありません。足水虫の中で角質が厚くなってゴワゴワになった、あるいはカサカサとひび割れてしまっている角化型には、薬剤が上手く浸透できないので、この際に液体を使用するのが良いとされます。液体は厚くなった角質でも高い浸透性を発揮するので、クリームでも効果が薄かった角化型でも治療できるようになります。ただし、薬剤の浸透性が高いため、たとえ刺激性が少ないとはいえ、クリーム以上にピリピリとした痛みを感じることがあります。基本的に効果は同じなので、どちらを使用するかは好みの問題となりますが、皮膚が厚く浸透しにくい場合は液体、通常の水虫などにはクリームと考えておけば良いでしょう。