水虫の原因である菌の正体は白癬菌(はくせんきん)と言い、この菌が増殖して人に悪さをします。また人だけではなく犬や猫などペットも感染するので注意が必要です。そんな水虫を治すお薬を紹介していきます。

ラミシールの写真

犬からの体部白癬はラミシールやダマリングランデ

人と動物には共通の感染症があり、皮膚病にかかっている犬や猫に触ることで人間にも皮膚病がうつる場合があります。
その共通の感染症の原因になるものの中には、皮膚糸状菌や白癬菌と呼ばれているカビの種類が挙げられます。
このカビには多くの種類があり、その中でミクロスポルム・カニス(イヌ小胞子菌)という菌は犬や猫によく寄生していて、人にもうつることがある菌として有名です。
犬にイヌ小胞子菌などの皮膚糸状菌が感染すると、犬の白癬という皮膚病になり、円形状に毛が抜け落ちたり、脱毛した部分にかさぶたが出来たりし、爪に変形や炎症の症状が出ることもあります。
そのような白癬にかかった犬や猫などの動物と触れ合うと、人間にも皮膚糸状菌が感染することがあり、人間では頭に症状が出ると頭部白癬(しらくも)やケルズス禿瘡、体だと体部白癬(ぜにたむし)などの病気になることがわかっています。
そこで、犬や猫からこのような病気がうつったかもしれないと思った時は、皮膚科へ行くと正確な診断をしてもらうことが出来て、適切な薬をもらえるのでおすすめです。
人間は、症状が体や顔に円形や楕円形、環のような形の発疹が出てかゆい場合は体部白癬が疑われますが、体部白癬はラミシールやダマリングランデなどの市販薬でも対応可能だとされています。
その理由は、ラミシールやダマリングランデにはテルビナフィン塩酸塩という抗真菌成分が入っており、体部白癬などを起こす原因の皮膚糸状菌を殺菌して症状を抑えることが出来るからです。
ラミシールやダマリングランデは薬局やドラッグストアでも買える薬なので、入手しやすいことが便利ですが、皮膚病には色々な種類があるため、病院に行ける人は医師に診察を受けた方が確実に治せるので良いと言えるでしょう。
また、犬や猫に皮膚病が出ているなら、人に感染させないためにも動物病院で診てもらい、治療を受けさせるようにしましょう。