水虫の原因である菌の正体は白癬菌(はくせんきん)と言い、この菌が増殖して人に悪さをします。また人だけではなく犬や猫などペットも感染するので注意が必要です。そんな水虫を治すお薬を紹介していきます。

ラミシールの写真

肌が弱い人にはラミシールは使用しても大丈夫?

ラミシールはテルビナフィンを有効成分にしたアリルアミン系抗真菌薬で、真菌の生育に必要な酵素を阻害することで殺菌的な作用を示します。アリルアミン系は水虫の原因となる白癬菌に有効で、副作用が少なく刺激性があまりないのが特徴で、持続性もあることから1日1回の使用で効果が期待できるようになっています。これらの特性から当初は皮膚科で処方される薬でしたが、2002年には一般用医薬品として認められ、近所のドラッグストアや薬局で販売されるようになります。ラミシールも市販品として販売され、主に水虫の治療薬として多くの人に使用されています。ラミシールには塗りやすい軟膏タイプと、手を汚さないスプレータイプ、角化した患部にも浸透しやすい液体と剤形が分けられていて、特に液剤が吸収しやすい液体は効果が期待できる分だけ刺激を受けやすくなっています。肌の弱い人では刺激を受けることで痛みを伴うこともあるため、使用するなら軟膏かスプレーのどちらかにしておく方が良いでしょう。指の間でじゅくじゅくした状態となる趾間型水虫、水ぶくれのようなものが出来る水疱型水虫などは、指で伸ばしてしっかり塗ることができるクリーム、あるいはスプレーを使用した方が良いでしょう。特に趾間型は薬剤が皮膚の内部に浸透しやすくなっているので、肌が弱くない人でも痛みを伴いやすくなっています。クリームタイプにも薬剤が浸透しやすいように肌を柔らかくする尿素が配合されているため、肌が弱い人では痛みを感じやすいかもしれません。どうしてもラミシールが合わないなと感じたら、スプレーを使用して塗布する量を調節するか、他の薬を購入するなど検討した方が良いでしょう。